こんにちは。 受付の・・・" />
クリニックブログ

言葉
2018年5月23日

こんにちは。

受付の菊地です。

 

皆さんは去年のオリンピックを覚えておいででしょうか?

カーリング女子の北海道弁「そだね~♪」が、もぐもぐタイムのお菓子と共に一時話題になりましたよね。

 

私事ですが

私は先日、2年ぶりに親友に会いに行きました。

本来なら数ヶ月に1回は一緒にご飯を食べて、お互いおしゃべりに花を咲かせ近況を語る間柄なのですが、

忙しさにかまけて2年もの間、全く連絡をしていませんでした。

 

この2年の間、親友は少し心が疲れてしまっていたと、会った時にわかりました。食欲がなかったり、眠れなかったり、ひとりつらい思いをしていたと話してくれました。

私は、今まで会えなかった非礼を侘びました。

親友として申し訳なく思い、とても後悔しました。

忙しい中でも時間をつくり会っていたら、親友として助言をしたり、励ましたり、気分転換をさせたり、落ち込みがちな親友の気持ちを盛り上げたり、外に連れ出して、美味しいものを食べたり、

いろいろ出来たのではないか?私もそうやって逆に助けられていたのではないか?そう思うと、悔やむ気持ちでいっぱいでした。

 

また会いましょうね、と別れる折に、私はどうしても心苦しさを軽減させたくて、

「会わなかった2年の間、私に何をしてほしかった?」と

思い切って尋ねてみました。

 

親友の答えは、私のとって意外な一言でした。

「そうだね」って言ってほしかったと。

 

出来る限りの知恵をしぼってアドバイスをしたり、明るい方向に親友をひっぱったり、視点を変えて気分をポジティブに持っていったり、そんな時間のかかる難しいことではなかったのです。

 

ただ、「そうだね」と言ってほしかっただけだ、と私に伝えてくれました。

 

私にとってとても衝撃でした。

今まで、私にとって「そうだね」という言葉は、

時にカーリング女子をまねて会話の弾みに利用したり、

ただ単に、相槌だけが役割のような軽い言葉だと思っていました。

しかし、実はものすごい力のある一言なのだと、改めて親友に教えて頂きました。

 

言葉には、言霊がある、ということを肌で実感する出来事でした。

 

受付 菊地